2018年6月24日日曜日

ガッテン 世界が証明した“最強の寝たきり予防法”6月6日「友達のいない私は早死に決定だなと」感想。 #テレビ #TV

もう既に痛みで寝たきりになってしまっている私ではあるのですが、最後の方だけ見ることが出来ました。
中高年向けの内容って感じでしたね。
もう少し若者向けにもして欲しかったなぁというのが正直な感想です。
寝たきりを防ぐ為には人に直接会って交流することがいいよという内容でした。
孤独な人よりも人との交流が多い人の方が寝たきりになりにくいそうです。
これを見て友達のいない私は早死に決定だなと思いました。
気兼ねなく話を出来る人なんて私には母親くらいしかいないですし、友達の作り方まで番組の中で教えてくれたら良かったです。
あ、若者が友達を作る方法をですけどね。
運動をするよりも人と交流する方が寿命が延びるなんて凄いことだと思い ますよ。

2018年6月23日土曜日

有吉ゼミ 激辛への挑戦「ゴルゴさんのお供が、フーミンさんとKis-My-Ft2の宮田さん二階堂さん」感想。 #テレビ #TV

6月18日。今回一番目を奪われたコーナーが、激辛メニューの挑戦でした。
毎回お馴染みのゴルゴさんのお供が、フーミンさんとKis-My-Ft2の宮田さん二階堂さんで、正直大丈夫なのか心配になりました。
でも、いざ始まってみると、フーミンさんは、その華奢なイメージからは想像できないくらい、激辛料理を掻き込んでいて、辛いもの好きが本物だと思い知らされたと同時に、子を持つ母が仕事を貰うためには、これだけ必死にならなければいけないのかと、世の中の厳しさを見せられた気がしました。
また、宮田さんと二階堂さんの登場も驚きでした。
以前もチャレンジしたようですが、それは見逃していたので、どれ程の実力か楽しみでした。
二階堂さんがリタイアしたことは残念でしたが、見るからに辛そうな料理を見て、仕方ないのかなと感じました。
一方で、宮田さんは汗だくになりながらも料理を完食していて、もはや意地のようなものさえ感じました。
結局、二階堂さん以外は完食していましたが、体調を崩さないか、心配になってしまいました。

2018年6月22日金曜日

夜の巷を徘徊する 6月7日放送「近代化した松原団地の景観や獨協大学のモダンな校舎」感想。 #テレビ #TV

マツコデラックスが夜の街をあてもなく散歩する自然体バラエティで、ほのぼのした雰囲気が好きでほぼ毎週欠かさず見ている番組です。
この回はマツコが以前から気になる駅名として挙げていた「獨協大学前<草加松原>」を訪れます。
この駅はもともと松原団地という名前だったのですが、以前の駅名の方が好きだったというマツコの告白は駅や地理好きな一面のある自分にも同感でした。
近代化した松原団地の景観や獨協大学のモダンな校舎には驚きましたが、そこで出会った学生や広報との交流は見ていて面白かったです。
特に最初に出会ったこの春奄美大島から上京してきた学生は、朴訥な雰囲気がにじみ出ていて好感が持てましたね。
私も東京に出てきた時は、高いビルや都会的な雰囲気に随分驚いた記憶があって、その頃を思い出して懐かしい気分に浸れた放送でした。

人気の投稿