2018年2月20日火曜日

『冗談手帖』(2月14日放送)を観ての感想「若手芸人が放送作家の鈴木おさむ氏の前でネタを披露」【テレビ感想2018年ネタバレ注意】。 #TV

『冗談手帖』は毎週欠かさず観ているバラエティ番組です。
毎週、悩める若手芸人が放送作家の鈴木おさむ氏の前でネタを披露し、これから売れていくためのブレストを行う番組です。
2月14日のゲストは人力舎所属の芸歴8年目のコンビ「真空ジェシカ」でした。昨年の「M-1グランプリ2017」の準々決勝の動画で私は彼らのネタを初めて観て、とても独自性のあるネタで面白いなと感じ、そこから興味を抱いていました。
そんな時にちょうど真空ジェシカがゲストで出演しており、彼らのネタ以外の素の部分などが、エピソードトークなどから見る事ができたのが嬉しかったです。
よく周りから「尖っている」と言われる彼らで、私も同じようなイメージを持っていましたが、実際には二人とも「お笑いにまっすぐなだけ」ということが分かり、冗談手帖を視聴後、これから更に応援したくなりました。
真空ジェシカは新しい笑いを生み出せるコンビだと思うので、今後の賞レースで日の目を浴びる日も近いのではないかと期待しています。
NHKでのやらかしエピソードは声を出して笑ってしまいました。

2018年2月19日月曜日

とんねるずのみなさんのおかげでした 2月8日放送分「残念ながら野猿メンバーの方々が喋るシーンは一つもなく」【テレビ感想2018年ネタバレ注意】。 #TV

「とんねるずのみなさんのおかげでしたの出演者欄に野猿が」というネットニュースを読んで気になり、久しぶりに見てみました。
残念ながらこの春に放送が終了してしまいますが。
食わず嫌い王などはよく見ていましたし、この番組で誕生した野猿は歌もダンスも大好きでした。
解散後はとんねるず以外のメンバーを見ることもできなかったので、今回の放送は楽しみでした。

結果としては、残念ながら野猿メンバーの方々が喋るシーンは一つもなく。
ファンとしては少々残念でした。
しかし、ひな壇には座っていたのでちらちらと今の姿を見ることができて良かったです。
番組はこれまでのとんねるずから出演者への無茶ぶりを振り返るという内容で、いろいろと懐かしかったです。
単純な笑いで面白かったのですが、もしかしたら内容は今のテレビ番組業界には合わなくなってきているのかな、とも思ってしまいました。

2018年2月18日日曜日

がっちりマンデー!2月4日昭和ビジネス「テーマは昭和ビジネスという事で」【テレビ感想2018年ネタバレ注意】。 #TV

今回のテーマは昭和ビジネスという事で、「昭和風の横丁」「昭和の食品自販機が現役で沢山稼働しているタイヤ屋さん」「昭和レトロなゲームセンターのゲームが置いてあるゲーセン」が紹介されました。
私が特に感心したのは、昭和風の横丁です。元々シャッター街だった市場を改装して、狭い空間に何軒もの飲食店が立ち並ぶ飲食街でした。店同士の空間も狭く、お客さんも密着しているので、知らない人でもその場で仲良くなれたり、古めかしい感じが今時の飲食店にはなく、逆に新鮮に映り、昭和世代はもちろん、昭和を知らない平成世代にもうけているようでした。
人の繋がりが希薄になってきていると言われる昨今、あのような施設は大切にしたいと思いました。

人気の投稿